INSTRUCTOR– ギターアンサンブル四季の講師紹介 –

講師 永島志基先生

永島志基  NAGASHIMA shiki

1961年生まれ。11歳よりギターを南影徳に師事、1979年スペインのマドリッド王立音楽院に入学、最終学年コンクールで優勝、首席卒業となる。同時に演奏家資格を取得その後国際コンクールでの数々の受賞ののち、1988年帰国、活発な演奏活動を行う。留学中にJ.L.ゴンザレス、J.L.ロドリーゴ、D.ラッセル、E.ビテッテイに師事する。2000年より指揮法を山上純司に師事。本格的な指揮法の勉強を始める。現在都内大学のギター部の指導やギターアンサンブル四季をはじめとしていくつかの市民アンサンブルの指揮、編曲を行っている。また自身の演奏活動のほかにCDや著作も数多く出版している。
また永島ギター教室を主宰、現代ギター学院講師、ヤマノミュージックサロン東京講師、日本ギター合奏連盟常任理事。

野島史行  NOJIMA fumiyuki

今の団体の前身「関内DEギター」の時から、かれこれ15年位アシスタントをさせて貰っています。「アンサンブル四季」でも、アシスタントという立場ですが、私自身は、逆にみなさんから、いろんなことを教えていただき、パワーをもらっていると感じています。ありがとうございます。
ギターは楽しく弾こう!をモットーに、音楽が出来る喜び、みんなで何かを作り上げる醍醐味、楽しさ、いろんなことを一緒に感じながら楽しく練習ができたらいいな、と思っています。それでも、時には上手くいかずに嫌になってしまうことや落ち込んでしまうこともあるかもしれませんが、そんな時も焦らずに、少しずつクリアしながら続けていってほしいです。
私の好きな言葉は「継続は力なり」です。続けるには体力、熱意も必要ですが、仲間がいることは、大きな力になります。何かの縁でギターを始め、アンサンブル四季に入ったので、楽しんでギターそのものも続けていって欲しいと思いますし、私自身も楽しく続けるためにアシスト出来るそんなアシスタントでいたいと願っています。これからもよろしくお願いします。

日方薫子  HIKATA kaoruko

関内ホールのワークショップで産声をあげた当初よりお世話になっています。アンサンブルは一人で演奏するのとはまた違い、全員で1つの音楽を作る喜びがあります。仲間がいることで、一人ではくじけそうになったときにも助け合い、またそれを乗り越えた後の達成感は格別です。

ギターアンサンブル四季は、ギターを弾くのは全くの初心者だった方も大ベテランの方も、毎回笑顔で演奏している素敵なグループで、向上心もありいつも刺激を受けています。この素敵な輪がさらに広まっていくことを願いつつ、また、その中にいられることに感謝の日々です。これからもよろしくお願いいたします。

    PAGE TOP